hiromasa.zone : o)

2005/11/20 Sunday 投稿時の月齢:18.9  月名:寝待月  潮汐:中潮 Moon:18.9[寝待月]今日の心技体 : 好調期低調期低調前不安定期

Subversion 導入 このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加

日記 - ひろまさ @ 23:59

wordpress.org でも使っている Subversion がなかなかよさそうなので、クライアントだけでなくサーバもうちにいれてみました。

やりたいことは、このサイトのファイルの履歴管理。 ファイルが増えてきてなにが最新だかわけ分からなくなったのでバージョン管理システムに入れて楽をしようという魂胆です。 実は CVS には入っていたのですが、実験もかねて・・・。

とりあえず、ずっと動いている Fodora CORE があるのでこちらにサーバモジュールをインストール。

# yum install mod_dav_svn
# svnadmin create /home/svnroot
# htpasswd -cm /home/svnroot/.htpasswd hiromasa
# chown -R apache:apache /home/svnroot
# chcon -R system_u:object_r:httpd_sys_content_t /home/svnroo
# vi  /etc/httpd/conf.d/subversion.conf
# /etc/init.d/httpd restart

みたいな感じで・・・。 あとは、クライアントから

http://[SERVER]/svn/repos

でアクセスできます。

実はこの後クライアントで七転八倒。 結論的には、

  • Eclipse の Subclipse で 5000 くらいのファイルを一度にチェックインするとこける。。(エラーが出ずに帰ってこないことも)
  • Eclipse の Subclipse で大量ファイルのチェックアウトは問題ない。
  • Subversion の Windows クライアント TortoiseSVN は大量チェックインも問題ない。

でした。 もちろんサーバ側のバージョンとかもあると思います。 サーバ側は

mod_dav_svn-1.0.9-1

です。 Apache の モジュール版です。

ということで、TortoiseSVN でチェックインして Eclipse でチェックアウトしてなんとか動かすことが出来ました。(本当は Eclipse だけでやりたかったのですが…)

ただ、TortoiseSVN が Windows シェルに統合されていたりかなり高性能で、またリポジトリもこのソフトだけで作れるので(サーバ不要)ので一人で Subversion を使う分にはこれだけで良さそうなことが分かったのは収穫でした。 🙂

うう、疲れた。。(←3時間は格闘していた…

最後に参考にさせて頂いたサイトさんです。

ありがとうございました。

2 Comments

Trackback

  1. From: Ximo ephedra. - 2008/8/20 Wednesday Morning (Trackback)

    Ximo ephedra….

    Ximo ephedra….

  2. From: Claritin over the counter for allergies. - 2008/9/4 Thursday Daytime (Trackback)

    Claritin d purchase….

    Claritin generic. Claritin redi tabs coupon. Zyrtec and claritin side effects. Claritin side effects. Claritin recall. Claritin….

Comment


このサイトはコンテンツをフリーズしました。トラックバック・コメントは閉じられています。

新しいサイトは、

hiromasa.another :o)

です。 :-)

このサイトについて

このブログは引っ越しを行いコンテンツはフリーズしています。hiromasa.anotherへどうぞ。

Powerd By WordPress

We (Heart) WordPress

WordPressME Logo
WordPress Plugins

ブログ内検索

Todays Popular

WordPress Ring

はてなリング - WordPress -

情報

36 queries. 0.514 seconds.

このページの先頭へ